fbpx

【スポーツの日って体育の日ではないの?】

【スポーツの日って体育の日ではないの?】

10月の第2月曜である12日月曜日は

スポーツの日で祝日だ!

と最近気づいて慌てていたf^_^;)

M&Mパートナーズの前田です。

こんにちは!

ややこしいので結論を書きますね!

2020年10月12日は祝日ではなかったです。

からの引用です。

<2020年のスポーツの日は、イレギュラーな7月24日>

2020年は、東京オリンピック・パラリンピックの

開催にあわせて、スポーツの日を7月24日(金)

に移動しました。

これは、東京オリンピック・パラリンピックで

国内外から大勢の人々が集まると予想されたため、

交通量を減らして大会運営をスムーズにすることが目的です。

スポーツの日のほか、

「海の日」と「山の日」も2020年は、

以下のような特別な日付となります。

7月23日(木):「海の日」(オリンピック開会式前日)
7月24日(金):「スポーツの日」(オリンピック開会式当日)
8月10日(月):「山の日」(オリンピック閉会式翌日)

新型コロナウイルスの影響で、

2020年のオリンピックは延期となりましたが、

2020年に特別に移動したスポーツの日、

海の日、山の日は、移動後の日程のまま据え置かれます。

なるほど、だからどこのカレンダー見ても

10月12日は祝日になっていないのだ!

せっかく調べたので

体育の日は、1966年に国民の祝日に制定され、

毎年10月10日と決められていました。

その後、週末とあわせて3連休にするため、

一部の祝日を月曜日に移動させる改正祝日法が成立します。

これが、いわゆる「ハッピーマンデー法」と呼ばれる制度です。

そして、このハッピーマンデー制度が導入されたことで、

2000年から体育の日は毎年「10月の第2月曜日」と決められたのです。

<体育の日の由来>

体育の日が制定された理由を紐解いてみると、

1964年の東京オリンピックまで歴史をさかのぼることになります。

この東京オリンピックは、日本で開催された初めての大会。

日本は戦後の経済発展の最中にあり、この東京オリンピック開催に向けて、

新幹線や高速道路の建設、ホテルや競技場の建設などが進みました。

「オリンピック景気」と呼ばれる好景気に恵まれたことで、

日本の経済発展は大きく後押しされたのです。

そして、当時の東京オリンピックの開会式が行われたのが、

1964年10月10日。そこで、スポーツに親しみ、

健康的な心身を培うことを目的に、

東京オリンピック開会式の日付にちなんで

体育の日が制定されることになったのです。

<スポーツの日とは?>

2020年から新しく生まれた祝日がスポーツの日です。

これは、まったく新しい祝日ができたのではなく、

もともとあった体育の日の名称を変えたもの。

「国民の祝日に関する法律」では、

スポーツの日の意義について

「スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培うとともに、

健康で活力ある社会の実現を願う」と定められています。

では、なぜスポーツの日という

新しい名前になったのでしょうか?

なぜ体育の日はスポーツの日に変わったのか

古くからある体育の日をスポーツの日と改めたきっかけは、

2020年に開催予定だった東京オリンピック・パラリンピックです。

「体育」というと学校の授業のイメージを持つ場合もあるかもしれません。

そのため、東京オリンピックの開催を機に、

体育の代わりに世界的に広く使われている

「スポーツ」という言葉を使い、スポーツの

価値や有効性を見直し、スポーツの素晴らしさを

各国の人々と共有するために、体育の日は

スポーツの日という名前に変わったといわれています。

本来のスポーツの日は「10月の第2月曜日」

体育の日で定められていたのと同じく、

「10月の第2月曜日」がスポーツの日です。

今日から我が家の子供達は5日間の秋休み♬

なのに台風が心配です。

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください(^_−)−☆