fbpx

【コロナはチャンス!】

【コロナはチャンス!】

花屋のサラリーマンを勤めながら

経営コンサルをしている

M&Mパートナーズの前田です。

こんにちは!

 

花屋では、13店舗、200人超のマネジメントをしています。

ここが他のコンサルとの決定的違いなのです。

一般的なコンサルは、資格、過去の経験を元に

サービスを提供しています。

 

弊社の場合は、マネジメント人財育成においては

現在進行形のマネジメントをしています。

なので、人材問題で悩んでいるケースにおいては

ほぼ解決できる自信があります。

 

花屋も類に漏れず、コロナで売上は減っています。

前田:なぜ売上が減っているのか?

支店長:コロナで単価が下がっています。

前田:それなら仕方ないね。早くコロナが落ち着くといいね。

 

なんて会話を13店舗200人の統括本部長兼執行役員である

私がしたらどうなると思いますか?

 

当然、売上が下がるのはコロナのせいなのだから仕方ない。

今は経費削減に集中しようとなります。

支店長がそういう思考になると、支店のメンバーも全員

同じ思考になりますよね。

 

なので、コロナはチャンス!

と言い続けています。

もちろん理由も解説しています。

だからこういう作戦で、こういう行動をして行こう!

 

コロナのチャンスは2年も3年も続かないので

今を逃すと、このチャンスは二度とないかもしれない。

幸いコロナのお陰で暇なんだから、決めたことを

バンバン行動して売上を増やそう!

 

こんなことを前田は言い続けています。

お陰様で、売上回復の見込みはある程度は見えてきています。

 

経費削減は各支店長が率先して取り組みを始めてくれました。

感覚としては、売上が減っているから経費を削減するしかない。

です。正しい発想なのですが、これには感覚的に危機感を覚えました。

 

経費削減はやるべきこと!です。

しかし、気持ちが下がることを避けて欲しいと

支店長にお願いしました。

 

お客様のとこに行けば、必ず言われます。

コロナで単価が下がった。

会葬者が減った。

要はコロナの悪影響です。

 

会社で経費を削減して気持が高ぶることはなく

気持ちは下がります。そしてお客さんと会話して

また気持が下がる。

 

この流れを止めたい。

できれば、何であなたの会社のスタッフはみんな明るいの?

と言われたい。

下請けである、花屋が、取引先のテンションを上げたい。

 

だから、試行錯誤して、どうにかして

経費削減はゲーム感覚で楽しめるようにして欲しい。

と支店長にお願いしました。

 

何を言いたいかというと

考え方、捉え方の話で

 

コロナはチャンス!という思考はできないのか?

 

できないなら

コロナがチャンスだったと後で言えるようにするためには

今何をすればいいのか?

 

という視点で考えた方が仕事は楽しい!

ということです。

 

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください(^_−)−☆