fbpx

【量は質に変わるんです!】

【量は質に変わるんです!】

私は佐賀県有田町(旧西有田町)出身です。

銀行の時は有田駅前支店、伊万里支店にも

在籍していました。



伊万里支店の時に、大川内山という

伊万里焼きの窯元の集落のある

エリアを担当していました。




確か32軒の窯元がありました。(当時)

当然ほとんどの窯元に訪問していました。

伊万里焼きといえば「古伊万里」です。




以前はよく、「古伊万里」はなんでも鑑定団にも

ちょいちょい取り上げられていました。

最近はこの番組を見ないのでわかりませんが




その大川内山の窯元の多くで

古伊万里のレプリカ(復元品)が

販売されています。




レプリカですから、形もサイズもデザインも同じです。

あっ値段も同じです。

でも、手書きなので、クオリティが全く違います。




もう20年前の話ですが(かなりの昔話w)

古伊万里を復元させたら3本の指に入ると

当時言われていた人がいました。

最初は全く3人の違いはわかりませんでした。

当然ですね、レプリカですからサイズ、デザイン

全て同じですからね。





幸いにも私が担当していた窯元の先生が

なんでも鑑定団で古伊万里を3つ並べて

本物はどれだ!




なんと古伊万里の偽物の2つはその先生が

書いたものでした。

そこに出入りしていたので、作品はいつも眺めていました。




直径15センチも絵皿が15万円です。

当然使うための皿ではなく、飾るためのものです。

最初は全く興味がなく、30手前の人間が

この価値がわかるはずもなく、

へえ買う人がいるんだ!という感覚でしたね。




この先生は当然、古伊万里を復元させたら

No.1です。その先生の作品をなんとなく眺めている日々。




ある日、大川内山に見学に行き、他の窯元の

レプリカを眺めていて、初めて気づきました。

これは、ここの線のところで集中力が切れている。

3ヶ所が失敗しているなぁ

これで販売したらダメでしょう・・・




なんて中島誠之輔になった気分ですね(^ ^)

幸い、良い作品を眺めているので、

目が慣れていたんですね。




何事も回数が大事なんです。

回数が質に変わります。

行動の回数が成果につながります。

「量質転換」です。




量は必ず質に変わる瞬間が訪れます。

すぐに成果として現れなくても

数をこなせばいずれ質に変わります。

成果が早い人がセンスがいいと言われる人です。




量質転換という本質を知ることは大事ですね。

量質転換を体験することがもっと大事ですね。

数に挑戦して欲しいといつも思います。




伊万里から転勤する時に、伊万里焼きの

食器をたくさん頂きました。

伊万里焼きの器で食べると

レトルトカレーも美味しく感じます(^ ^)




2万円する伊万里焼きのコーヒーカップ

100円ショップのコーヒーカップ

全然違いますよ。




これは価値観の違いです。

価値観は経験により培われます。

こういうことを頭に入れて

人材育成すると苦労が減りますよ。



それでは今日も素敵な1日をお過ごしください(^_−)−☆