fbpx

数字の目標を立てる

数字の目標を立てる

26日から2泊3日の合宿に参加します。

今回の合宿は、自分のミッションビジョンを見つけるための合宿です。

たくさんの課題の中でも苦戦しているのは

「死ぬまでにやりたいことリスト」

最低50項目書き上げる。

そんなに出てこないf^_^;)

欲がないのか?

想像力が足りないのか?

もう何日も考えているのにw

仕方ないのでグーグル先生に聞いてみました。

するとたくさん出てくるではないですか。

「死ぬまでにやりたいことリスト100」

というものが!

 

私の課題では50個なのに

グーグルで検索すると100個になっています。

書いたことは実現する。とか

100個書き出すときのポイントは

7つのカテゴリに大別することができる。とか

このリストを書くのは当たり前みたいですね。


書かないことは実現できないというか

書かないことには何をやりたいのか、も分からない

そうです。

 

私は何をやりたいのかもわからない人でしたf^_^;)

もっと自由に好き放題に書けばいいのに書けないのです。

やっと頑張って40個書き出しました。

あと10個です。

たったのあと10個で詰まってます。

ここまで書いて思いつきました。

目標を50個にするから40個で止まるのですね。

目標を100個にすれば、50個は楽にクリアできるはずです。

 

そうそう

営業と同じですね。

 

売上目標は1,000万円だとしましょう!

 

ほとんどの営業マンは、1000万円を目標に行動します。

そうすると達成率80%程度で終わる確率が非常に高くなります。

たまに100%達成する月もありますが、達成できない月が多くなります。

常に目標をコンスタントに達成する営業マンの実際の

目標は1,000万円でも頭の中は1,200万とか

1,500万になっています。

こういう設定をしていると悪くても1,000万の目標は達成します。

悪くても目標達成です。

だから毎月コンスタントに目標達成できるんです。

ハイ、要するに頭の中の目標は高く設定しているんですよね。

営業の場合は、相手ありきです。

たまたま今月は相手の事情で契約できない。

なんてことは必ず起こります。

自分次第ではなく最後は相手次第だからです。

こういう事態も想定しておかないとストレスになります。

頑張ったのに契約が来月に伸びたせいで目標を達成できない。

という事態に陥ります。

経営側も目標の80%達成したら、

褒めたりすることが多いです。

こうなると最悪で、目標達成する必要はなく

80%でいいという風土が会社内に広がります。

目標達成できない会社の出来上がりですね。

今月100%行きそうだからと来月に契約を伸ばしたりし始めますよ。

そもそも何のための目標設定か訳がわかりませんw

例えば、上空1,000メートルの山を

飛行機で超えて行こうとするときに

1,000メートルギリギリを目標にして

飛ぶパイロットはいないでしょう?

最低でも上空1,200メートルの所を目標に

飛行機を操縦するはずです。

ちょっとした強風くらいでは山にぶつからない

安全な高さを目標にするはずです。

営業目標も同じ理屈です。

考えればわかることですね。

 

ということで

死ぬまでにやりたいことリストの目標を80個

修正して今から取り組みます。

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください(^_-)-☆