fbpx

借入と投資の区別は大丈夫ですか?

借入と投資の区別は大丈夫ですか?

入にはマイナスイメージがつきまといますね。

借入過多で倒産!
銀行がお金を貸してくれたら倒産しなかったのに!

借入を嫌がる経営者は多いです。

昔、銀行に嫌なことを言われたと言う話も銀行員の時に
よく耳にしていました。

借入=悪いこと
的なイメージを持つ過多は多いです。

一般的に借入というと
住宅ローン

オートローン
ですね。

 

この2つは利益を生むことは基本的にはありません。

家は必ず必要です。

でも自己所有する必要はありますか?
賃貸でもいいのではないでしょうか。

夢のマイホームを手に入れる。
これは何を満たしているのか?
自己重要感です。
ステイタスみたいな感じでしょうか。

家は必要ですが、借入してまで何の利益も生まないのに。。。
(個人の自由ですが。。。)

車も家と同じ感じです。
車は必要でも、高級車である必要はありませんね。
移動できれば用はたせます。

この借入!
商売になると話が変わります。
借入して、利息を仮に3%払っても
その元をとれると踏んで投資する訳です。
残念ながら自己資金がないので、借入でまかなう。
商売で投資をするのに、3%を取りも戻す見込のないことに投資はしないでしょう。

商売の借入
住宅ローン・オートローン
とを同じに考えるのはナンセンスです。

個人の借入と
商売の借入
は意味合いが全く違います。

商売では
借入=投資
だと考えるべきでしょう!

借入過多で倒産!
マスコミでよく見かけますね。
借入過多は結果です。

借入が返済できないのはなぜでしょうか?
利益が出ていないからです。

ビジネスモデルが崩壊したからです。

借入が多いのは結果であり、
本当の問題は
プロセスにある訳です。

プロセスでビジネスモデルがなんらかの形で崩壊したから
借入依存になり返せなくなったんですね。

借入が悪いのではないことに目を向けて欲しい
いつも感じます。

 

商売の場合は 借入=投資

 

だと認識して欲しいと思います。