お客様から「ありがとうを貰う」ために!

お客様から「ありがとうを貰う」ために!

今回の出張では初心に帰るために、

もう数年前にやっていた話をしています。

 

テーマは

「強い会社にするために!」

1.      お客様第一主義

2.      売上拡大

3.      人財育成

この3つです。

 

1時間くらいかけて

利益とは?

売上とは?

人財育成は何のために?

そんな中で、お客様第一主義については

以前メルマガでお伝えした

「仕事に対する心構え」というものがあります。

 

それでは難しい部分もあるので

今回は、話しながら思いついた

「お客様からありがとうを貰う」

を意識して仕事をしましょう!

と話をしました。

 

「お客様からありがとうを貰う」

だと全員イメージできたみたいです(^ ^)

やはり言葉はシンプルな方がいいですね。

 

「お客様からありがとうを貰う」

ために明日から自分にできる

ことを3つあげてください。

そして発表してもらいました。

 

お客様第一主義を実現させるためには

礼儀礼節に始まり

時間厳守、応対、技術、提案など

たくさんの部分が影響します。

 

経験年数や年齢などでも

各人、やるべきことが違います。

 

各人のステージで大きく

違ってしまいます。

 

そうなると、前田の話は理解したけど

具体的に何をやればいいのか?

不明確です。

 

不明確だと具体的行動になりませんので

話が理解できたとしても

特に変化は起こらないですね。

 

「お客様からありがとうを貰う」

ために明日から頑張る3つのこと

大きな声で挨拶、率先した挨拶

掃除の徹底、時間厳守、技術向上、

など様々です。

 

あっ3つのことにもう一つ条件をつけてました。

1年間徹底的にやりきる必要があるので

「毎日続けられる簡単なこと」が条件です。

 

「お客様からありがとうを貰う」

ために自分自身ができることを3つあげる

その3つは1年間継続できる簡単なこと。

 

これを読んでいるあなたは、どう思いましたか?

 

簡単、面白い、やってみよう

なるほど・・・などではないかと思います。

ところが人が多くなると

この3つが書けないスタッフが出てきます。

 

えっ書けないの?と思いませんでしたか?

でも現実書けないのです。

1つしか書けませんでした。

と言われました。

 

なぜ3つ書けないのか?

「お客様からありがとうを貰う」

という前提を理解していない。

「毎日続けられる簡単なこと」

の部分を理解していない。

難しく捉えている。

 

そもそも話をきちんと聞いていなかった。

のかもしれないですねf^_^;)

 

私の答えは、考える習慣が圧倒的に少ない。

ではないかと思っています。(憶測ですよ)

 

考える習慣が少ないスタッフはどうしても

成長が非常に緩やかです。

 

成長が早いスタッフは、考えることが習慣に

なっていますね。

考える回数は成長スピードに影響する

傾向にあるように感じます。

考える回数が多いと深く考えることも

できるようになります。

 

物事を表面だけでなく、深堀して捉えて

考えることができるので

成長も早いと思うのです。

 

人財育成では、相手に考えてもらえる

質問を投げかける工夫が必要だと思います。

 

的確な指示命令も必要ですが

的確であればあるほど、相手の成長スピードは

間違いなく遅くなっていますね。

 

本人が考えて気づけば行動に変化が生まれます。

行動すれば前に進みますので成長につながります。

行動につながる気づきを、いくつ与えることができるか?

 

だからこそ、本人に考える機会を与える

ことが人財育成の第一歩ではないかと思います。

 

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください(^_-)-☆

 

*************************

「財務の知識0のスタッフでも
会社が利益を生み出す仕組みが
わかることでスタッフを巻き込み
儲かる会社に生まれ変わる
仕組みづくりワークショップ」
開催します。

日時:2019年2月20日(水)
14:00―17:00
場所:天神
参加費:1,000円
申込みはこちら
https://ws.formzu.net/dist/S41335931/
詳細はこちら
http://maedakazuto.site/2019/01/23/seminar_20190220/ ‎