fbpx

当たり前のことを当たり前に!

当たり前のことを当たり前に!

Christmas Eveのイヴですね。

 

夕方から博多駅のイルミネーションでも

見に行こうかなと思っています。

 

イルミネーションそれだけが目的です。

 

普段は見る事のないイルミネーションを

見てどんな反応をするのか?

 

少しだけ興味があります。

 

博多駅のイルミネーションという

同じものを見て、私と子どもでは

どのくらい反応が違うのか?

 

見ているのもは同じでも

感じ方は人それぞれです。

 

これは経営者とスタッフでも

同じことが起こりますね。

 

イルミネーションという同じ景色です。

子どもと私の感じ方が違うということは

見え方も違うということです。

 

情報は同じはずなのに・・・です。

 

経営者とスタッフも同じものを見ている

はずなのに違うように見えています。

 

ここにコミュニケーション不全が起こっています。

 

同じものを見れば同じように見える。

という思い込みが存在してしまいます。

この思い込みをはずさない限り

会話のすれ違いが頻繁に起こりますね。

 

そんな話を私がしている動画がこれです。

https://www.youtube.com/watch?v=9DAuE5jrmxQ

 

 

同じ絵を見ても

同じように見えていない

という前提を持っておかないと

社内コミュニケーションは上手くいきません。

 

逆に言えば、同じ絵を見ても

同じように見えていない。

という前提を持っておくと

コミュニケーションは飛躍的に

上手くいき始めるということでもあるのです。

 

その為には何が必要かと言えば

「会社のビジョン」です。

 

ビジョンが出来上がって壁に張り出す

だけでは、もちろん上手くいきません。

 

ビジョンはつくって浸透させてこそ

意味あるものに生まれ変わるのです。

 

経営者がビジョンを考えて完成させた。

でもビジョンを見ないと言えない。

 

そんなことではビジョンの浸透は不可能です。

これも意外と多いパターンですけどねf^_^;)

 

理屈はさておき、普通に考えればわかることです。

ビジョンをつくるだけでは意味がないことが、

普通であったり、当たり前であったりすることを

普通に当たり前にやるだけです。

 

最近、前田が思うことは

当たり前のことを当たり前にやる。

 

これほどシンプルで単純なことを

やるだけだ!ということです。

 

2018年も残り数日しかありません

当たり前のことを当たり前にできたのか?

 

2018年を振り返ることで

来年の目標が至極シンプルなる

のかもしれないですね。

 

それでは今日も素敵な1日をお過ごし下さい(^_-)-☆